インプラント治療中は喫煙できません

バナー

インプラント治療中は喫煙できません

かつてと比べると喫煙者の数は明らかに減少しました。

ある程度の規模の病院になると禁煙外来が作られるほどに禁煙は多くの人の関心を集める要素となっており、実際ほとんどの先進国では「健康のことを考えるのであれば喫煙はしない方が良い」という認識が主流となってきています。

このサイトで表参道のインプラントの情報が豊富です。

ただ法律で喫煙を禁止している国というのは殆どないのも確かで、マナーと法律をしっかり守ってさえいるのであれば喫煙が咎められることはありません。


ですがインプラント治療を行う場においては、喫煙は基本的に出来ないとして考えなくてはなりません。これはどうしてかというと、まず一つ目に喫煙が口腔内の衛生状況を悪化させるということが挙げられます。



喫煙をすると口腔内にタールなどが付着しますが、このタールには歯垢や歯石が付きやすくなるという害があります。

BIGLOBEニュースの情報をお知らせします。

歯垢・歯石は細菌の繁殖を招きますし、万が一インプラントを埋めた場所で細菌が繁殖すると骨が溶けて取り返しのつかない事態に発展することがあり得ます。またタバコに含まれるニコチンも口腔内の免疫力を起こして炎症の発生率を高めてしまいますし、歯肉の血流障害を引き起こしてインプラントの定着を阻害する要因にもなるのです。


インプラント治療中に喫煙をしたからと言って命にかかわる事態に発展する可能性は低いですが、それでも治療が失敗するリスクであることは間違いありません。インプラント治療はある程度の期間をかけて行っていかなくてはならない治療ですから、こうした点に関しても患者さんの協力が不可欠となります。

もし現在喫煙中の方は手術を行うまでに禁煙し、場合によっては禁煙外来の受診も検討するようにしましょう。

Copyright (C) 2015 インプラント治療中は喫煙できません All Rights Reserved.