歯科医院の役割は予防歯科に変わりつつあります

バナー

歯科医院の役割は予防歯科に変わりつつあります

今まで歯科医院とは、むし歯ができた時に治療するところだと思われてきました。

しかし、最近では歯科医院は予防歯科としての存在価値が高まってきているとも言えます。


もちろん、今まで同様むし歯の治療を行いますが、歯の健康については予防歯科の考え方ははずせません。なぜなら定期的に歯科医院で健診を行うことによって、むし歯を防ぐ効果があることが実証されてきたからです。



定期健診を受けるのは、3カ月から半年に一度が理想です。

毎回定期健診を受けている人と、そうでない人の歯科トラブルは明らかに差が生じています。

定期健診では、歯石除去や歯のクリーニングをしてくれます。また磨き残しのチェックを行い、どこが上手に磨けていないのか知らせてもらえるのです。

また定期的に健診を行えば、未然にむし歯を防ぐことができ、もしむし歯になったとしても初期の段階で治療が受けられるため痛い思いをすることもありません。

ですからこのことから予防歯科の役割が大きいことがわかるでしょう。



特に子どものむし歯は親の責任でもあります。ひどいむし歯になって、永久歯まで影響を与えかねません。
むし歯が進行すれば痛い思いをするのは子どもですし、治療を受けさせるのは親です。


むし歯にならないように定期的に健診を受けることで、子どもが痛い思いをすることもなく、歯科医院嫌いの子どもになることもありません。

これからは歯科医院はもっと予防歯科の役割が大きくなってくるでしょう。

NAVERまとめに関する情報を公開中です。

Copyright (C) 2015 歯科医院の役割は予防歯科に変わりつつあります All Rights Reserved.